Hatena::Groupshoma

ハズレmemo

2007-05-24

[] Time::Localのyear

use Time::Local;
use Data::Dumper;
use POSIX qw/strftime/;

$t = timelocal(0,0,0, 1, 4-1, 7);
print Dumper(strftime("%Y/%m/%d", localtime($t)));

$t = timelocal(0,0,0, 1, 4-1, 07);
print Dumper(strftime("%Y/%m/%d", localtime($t)));

$t = timelocal(0,0,0, 1, 4-1, 107);
print Dumper(strftime("%Y/%m/%d", localtime($t)));

$t = timelocal(0,0,0, 1, 4-1, 2007);
print Dumper(strftime("%Y/%m/%d", localtime($t)));

出力。

$VAR1 = '2007/04/01';

$VAR1 = '2007/04/01';

$VAR1 = '2007/04/01';

$VAR1 = '2007/04/01';

これは

Your mileage may vary when trying these with minutes and hours, and it
doesn't work at all for months.

Strictly speaking, the year should also be specified in a form consis-
tent with localtime(), i.e. the offset from 1900.  In order to make the
interpretation of the year easier for humans, however, who are more
accustomed to seeing years as two-digit or four-digit values, the fol-
lowing conventions are followed:

o   Years greater than 999 are interpreted as being the actual year,
   rather than the offset from 1900.  Thus, 1963 would indicate the
   year Martin Luther King won the Nobel prize, not the year 3863.

o   Years in the range 100..999 are interpreted as offset from 1900, so
   that 112 indicates 2012.  This rule also applies to years less than
   zero (but see note below regarding date range).

o   Years in the range 0..99 are interpreted as shorthand for years in
   the rolling "current century," defined as 50 years on either side
   of the current year.  Thus, today, in 1999, 0 would refer to 2000,
   and 45 to 2045, but 55 would refer to 1955.  Twenty years from now,
   55 would instead refer to 2055.  This is messy, but matches the way
   people currently think about two digit dates.  Whenever possible,
   use an absolute four digit year instead.

The scheme above allows interpretation of a wide range of dates, par-
ticularly if 4-digit years are used.

のため。

よって、22世紀になる際には注意。

2007-05-09

[] perl -e はnice するべし

nice -n 1 perl -e '....'

2007-03-20

[] XXX - Data::Dumperのラッパ

use XXX -dumper; # defualt YAML

$a = { a => 1, b => 2, c => 3};
$b = YYY $a;

WWW $a; # warn
ZZZ $b; # Carp::confess

XXX $b; # dump and die

ingy製。なぜかCPANインストールできない

2007-01-26

[] cpanインストールしたモジュール一覧

cat `/usr/bin/perldoc -l perllocal` | perl -nle '/C<Module> L<([^\|]*?)\|.*?>/ and print "$1"'

KaleaKalea2011/10/11 10:00Wowza, problem solved like it never happneed.

onlgicelylonlgicelyl2011/10/12 20:26twgFtK , [url=http://wmdlbqxqbfqi.com/]wmdlbqxqbfqi[/url], [link=http://zzcfwvrlvcmo.com/]zzcfwvrlvcmo[/link], http://bricoozslwyw.com/

aqslrpxdaqslrpxd2011/10/13 23:48S0zEbV <a href="http://imlyykpccyul.com/">imlyykpccyul</a>

odvwhoodvwho2011/10/15 22:37OX6eDB , [url=http://oyzgabxwzxez.com/]oyzgabxwzxez[/url], [link=http://xeqqacjxouog.com/]xeqqacjxouog[/link], http://jbzeuhtcyavc.com/

2006-04-05

[][][][]

 Pythonの75%はツンデレで出来ています
 Pythonの13%はお菓子で出来ています
 Pythonの5%は心の壁で出来ています
 Pythonの4%は成功の鍵で出来ています
 Pythonの3%は言葉で出来ています
 PHPの63%は魔法で出来ています
 PHPの23%は果物で出来ています
 PHPの9%はマイナスイオンで出来ています
 PHPの3%はミスリルで出来ています
 PHPの2%はお菓子で出来ています
 Perlの79%は鉄の意志で出来ています
 Perlの11%はスライムで出来ています
 Perlの6%は濃硫酸で出来ています
 Perlの4%はお菓子で出来ています
 Rubyの99%はむなしさで出来ています
 Rubyの1%はお菓子で出来ています

http://seibun.nosv.org/

2006-03-30

DestryDestry2011/11/07 15:24THX that's a great aesnwr!

ndlxojuxndlxojux2011/11/08 23:32IpNbbd , [url=http://nphgifbfasea.com/]nphgifbfasea[/url], [link=http://neynkcxehtdp.com/]neynkcxehtdp[/link], http://upbpdqktknqt.com/

szkhwoszkhwo2011/11/10 02:40hI3onZ , [url=http://jrgtcxtsqrrs.com/]jrgtcxtsqrrs[/url], [link=http://uxuyfarirdpu.com/]uxuyfarirdpu[/link], http://fhqtneujwwis.com/

2006-03-27

[]特殊変数一覧

デフォルト use English 意味
$_$ARGデフォルトで入力やパターンマッチの対象になる
$.$INPUT_LINE_NUMBER($NR)ファイルハンドルの現在の行数
$/$INPUT_RECORD_SEPARATOR($RS)入力時のレコード区切り文字
$,$OUTPUT_FIELD_SEPARATOR($OFS)出力フィールドの区切り文字
$\$OUTPUT_AUTOFLUSH出力時の行末文字
$"$LIST_SEPARATOR出力フィールドの区切り文字
$;$SUBSCRIPT_SEPARATOR($SUBSEP)ハッシュインデックスの区切り文字
$^L 改ページ文字
$: 折り返し文字
$^A 書き出しアキュムレータの現在値
$# 出力時の数値形式
$?$CHILD_ERROR最後に実行されたコマンドステータス
$!$OS_ERROR($ERRNO)システムコールのエラー値
$^E$EXTENDED_OS_ERROR
$@$EVAL_ERROReval のエラーメッセージ
$$$PROCESS_ID($PID)PerlプロセスID
$<$REAL_USER_ID($UID)PerlプロセスユーザーID
$>$EFFECTIVE_USER_ID($EUID)Perlプロセスの実効ユーザーID
$($REAL_GROUP_ID($GID)PerlプロセスグループID
$)$EFFECTIVE_GROUP_ID($EGID)Perlプロセスの実効グループID
$0$PROGRAM_NAMEPerl スクリプトコマンド
$[ 配列の最初のインデックスと、部分文字列の先頭文字のインデックス
$] Perlバージョン番号
$^D デバッグフラグの値
$^E オペレーティングシステムのエラー情報
$^F システムファイル記述子の最大値
$^H 現在の構文チェック内容
$^I -i オプションで指定したバックアップファイル拡張子
$^M 緊急のメモリバッファ
$^0 オペレーティングシステム
$^P デバッガが使用する内部フラグ
$^R パターンマッチした位置指定正規表現の結果
$^T スクリプトを実行した時刻
$^W 警告スイッチ(-w)の現在値を示す論理
$^X Perl の起動時の名前
$ARGV <>を使って読み取っているファイルの名前
@_ ブルーチンへの引数
@ARGV スクリプトに渡されたコマンドライン引数
@INC Perlライブラリ検索ディレクトリ
%INC do や require によってインクルードされたライブラリファイル
%ENV 環境変数の値
%SIG シグナルのシグナルハンドラ
ARGV コマンドラインで指定されたファイル名のリスト
STDERR 標準エラー用のファイルハンドル
STDIN 標準入力用のファイルハンドル
STDOUT 標準出力用のファイルハンドル
DATA __END__ 以降のテキストを読み込む特殊ファイルハンドル
__END__ プログラム論理的な終わり
__FILE__ このトークンがおかれている時点でプログラムファイル
__LINE__ 現在の行番号
__PACKAGE__ コンパイル時の現在のパッケージ
$n パターンマッチの際のn番目のカッコに対応する文字列
$&$MATCHパターンマッチマッチした文字列
$`$PREMATCHパターンマッチマッチした部分の前側の文字列
$'$POSTMATCHパターンマッチマッチした部分の後側の文字列
$+$LAST_PAREN_MATCHパターンマッチの最後のカッコに対応する文字列
$* 複数行検索
@+@LAST_MATCH_END 
$% 現在のページ番号
$= 現在のページ行数(デフォルトは60)
$- ページの残り行数
$~ フォーマット
$^ ヘッダのフォーマット

JennyJenny2011/11/09 09:16Heckuva good job. I sure apprceaite it.

ryywaxryywax2011/11/09 18:06yT4U6q <a href="http://idtuafrwpjxa.com/">idtuafrwpjxa</a>

tctwieitctwiei2011/11/10 18:21wTEmNO , [url=http://cndihlhtzrsj.com/]cndihlhtzrsj[/url], [link=http://nclcujpikizt.com/]nclcujpikizt[/link], http://mrpjmxqsmnwo.com/

bljustbobljustbo2011/11/13 02:05gnsAOP , [url=http://qxfaugqrlmsy.com/]qxfaugqrlmsy[/url], [link=http://bfmgcqoohgmf.com/]bfmgcqoohgmf[/link], http://lsjomtfvfktx.com/